« スキルチェックの評価とスキルアップへの道しるべ | トップページ | タウフィック・ヒダヤットのスマッシュを捉えた連続画像 »

タウフィック・ヒダヤット(Taufik Hidayat)  バドミントン学院を2011年に設立予定 もしや引退か?






Taufikjim_3


こちらの記事を翻訳して転載


2004年のアテネ五輪でバドミントン男子シングルにおいて金メダルを勝ち取るなど、華々しい経歴を持つインドネシアのバドミントンプレーヤー タウフィック・ヒダヤット(Taufik Hidayat) 。その彼がジャカルタのCiracasでバドミントン学校を設立するという情報を見たので紹介する。


学校の名前は  Taufik Hidayat Arena 。大きさは6600平方メートル(東京ドームの約半分くらい?)と広大なバドミントン体育館で、2011年にオープン予定だそうだ。


この施設には8面のコートがあり、4つはメンバー専用のトレーニング用、あとの4つは対外貸し出しされる。そのほかに宿舎やジム、保健室、バイキング、会議室、テレビ室、ネットカフェ、展覧室、さらに室外にはサッカー場を備える。


タウフィックは2009年にインドネシア国家バドミントン訓練センターから脱退し、フリープレーヤーとなって、世界中の試合に参加しつつも、彼のコーチMulyo Handoyと共同で”Taufik Hidayat Force”というスポーツ管理団体を組織し、インドネシア、マレーシア、中国、日本、チェコ、カナダ、メキシコの若い選手を育て上げきた。


ある記者がタウフィックに「なぜそのような学校を設立したのか? もしかして来年引退して、コーチに専念するつもりなのでは?」 とインタビューすると、彼は、もっと多くの若手名プレーヤーを見つけ育成し、輩出したいと語ったとのこと。しかしこの目標にはまだ多くの困難があり、少なくとも5~10年はかかるだろうとも言っている。引退については否定しており、今後も試合には参加しつづけバドミントンの面白みを存分に享受したいと語った。


以上。




ブログラインキング参加中です。あなたのクリックが更新の励みとなります。ありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


Link 関連記事を読む

◇ Wikipedia のタウフィック・ヒダヤットの項目

◇ Taufik Hidayat ARENA公式サイト


Icon_key 中国語/日本語キーワード
陶菲克 タウフィック・ヒダヤット(Taufik Hidayat)、 羽毛球 バドミントン、 印尼 インドネシア、 训练 トレーニング、 教练 コーチ、 马来西亚 マレーシア、 场地 コート、 比赛 試合

« スキルチェックの評価とスキルアップへの道しるべ | トップページ | タウフィック・ヒダヤットのスマッシュを捉えた連続画像 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434765/37669677

この記事へのトラックバック一覧です: タウフィック・ヒダヤット(Taufik Hidayat)  バドミントン学院を2011年に設立予定 もしや引退か?:

« スキルチェックの評価とスキルアップへの道しるべ | トップページ | タウフィック・ヒダヤットのスマッシュを捉えた連続画像 »

[PR]

Twitter ID YuQiuTaro

  • オリジナル

PR2

  • -

バナー

  • バドミントンブログランキング参加中。一日一回ポチッと!!
    にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
無料ブログはココログ