« 専家把脉動画の解剖 その2 (バックステップフォア/バックハンドの打ち方とステップ) | トップページ | 専家把脉動画の解剖 その5 (フォアハンドクリア/カット/リバースカット/フォアサーブの打ち方) »

世界バドミントンスーパーシリーズ・チャイナオープン男子シングルス決勝は谌龙が鮑春来を大逆転で降し初の栄冠






Chenbao


上海浦東の源深体育館にて11月30日~12月5日の日程で行われたバドミントンスーパーシリーズ1つ チャイナオープン。アジア大会でMVPに輝いた林丹(リンダン)は谌龙との試合前に怪我を理由に棄権し、リンダンの雄姿を一目見ようと集まった観客をがっかりさせたようだ。(なんでも前回のアジア大会ではチケットのダフ屋価格が5000元=約65000円にまで跳ね上がる人気ぶりだったとか。これは陸上のスター劉翔の10倍を記録したというニュースも出ていたようだ)


そのチャイナオープン男子シングルスの決勝は谌龙(チェンロン)と鮑春来(バオチュンライ)。やはり自国の応援もありどちらも中国人が勝ちあがった。二人の特徴はなんといっても190近い身長(バオ187cm、チェン188cm)、コートが小さく見えます。ただ身長が高い分、相手のドロップ対処はひざへの負担も大きく見るからにしんどそう。どちらも足元を狙っていくはず。


こちらのニュース記事を簡単に翻訳して決勝の雰囲気を味わってほしい。


試合は1時間15分の激戦の末、セットポイント2-1で谌龙が鮑春来を降し、見事チャンピオンに輝いた。


第1セット目はバオが積極的に攻めポイントを稼ぐなか、チェンはミスが目立ち、バオがリードを広げ21-9で1セット目を先取した。


2セット目、13-14と相手にリードを許すまじと攻防が続いてきたが、バオのパフォーマンスが落ち始め均衡が破れる。チェンはすかさず続けて6点を取りマッチポイント、最後はバオのミスで21-14と1セット取り返した。


3セット目、両者ともミスで相手にポイントを譲り合い3-3、するとチェンが一気に加速5点連続とる。そして11-7でコートチェンジ。バオはその後1点まで詰め掛けるも、チェンがプッシュでチャンスをつかみポイント連取。ほぼ勝利確実となったチェン。最後の2点はバオの自らのミスでゲームセット。見事チャイナオープン初優勝を飾った。


なお動画は下記から。16部に分かれているためYoutubeから「china open badminton 2010 bao chen」と検索するのがお勧め


以上。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村


Link 関連記事を読む

◇ 【動画】広州アジア大会バドミントン男子シングル決勝 リンダンVSリーチョンウェイの世界トップレベル白熱した攻防

◇ タウフィック・ヒダヤット(Taufik Hidayat)  バドミントン学院を2011年に設立予定 もしや引退か?

« 専家把脉動画の解剖 その2 (バックステップフォア/バックハンドの打ち方とステップ) | トップページ | 専家把脉動画の解剖 その5 (フォアハンドクリア/カット/リバースカット/フォアサーブの打ち方) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434765/37985200

この記事へのトラックバック一覧です: 世界バドミントンスーパーシリーズ・チャイナオープン男子シングルス決勝は谌龙が鮑春来を大逆転で降し初の栄冠:

« 専家把脉動画の解剖 その2 (バックステップフォア/バックハンドの打ち方とステップ) | トップページ | 専家把脉動画の解剖 その5 (フォアハンドクリア/カット/リバースカット/フォアサーブの打ち方) »

[PR]

Twitter ID YuQiuTaro

  • オリジナル

PR2

  • -

バナー

  • バドミントンブログランキング参加中。一日一回ポチッと!!
    にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
無料ブログはココログ