« 【専家把脉28】発展途上の子供たちに教えたい正しいバドミントンの打球概念 | トップページ | 【動画】バドミントンスーパーシリーズファイナル2010 男子シングルス決勝 リー・チョンウェイVSピーター・ゲード »

内旋回と外旋回のおさらい






さて今日はおさらいと再確認のために、バドミントンのスイングの基本「内旋回」と「外旋回」の動作を収めた画像を紹介する。

おさらいとして、内旋回と外旋回を説明する。

まず両手の手のひらを前に突き出した状態(親指同士が隣り合う)で、親指を前に押し出す腕の動きが「内旋回」、小指を押し出す腕の動きが「外旋回」である。 内旋回はフォアハンド、外旋回がバックハンドの動きだ。これがクリアであろうと、ロブであろうとプッシュであろうと同じ旋回をする。


よくある例としてサイドのフォアはよく飛ばすことができても、サイドのバックを飛ばせない、あるいは上半身を無理にまわして打球する人が多いが、これは内旋回の動きを習得できていないと考える。内旋回を習得すればとっさのバックでもテイクバックを最小限に打つことができる。これを習得しないのは非常に損だ。


下記の画像を参考ください。


フォアハンド 内旋回での打球
Zhengshou
1で構え、 4.5.6.7がテイクバック、8⇒9の内旋回で力を発揮

(※内旋回をするには、外旋回が必要。外旋回はテイクバック時に小さく行っている)

ラケット面の軌道が線で描かれているので、それも注意。


04zhengshou
趙剣華のフォア


バックハンド 外旋回での打球

Fanshou
1で構え、2.3.4がテイクバック、5⇒6の外旋回で力を発揮

(※外旋回をするには、内旋回が必要。内旋回はテイクバック時に小さく行っている)

07fanshou
肖傑のバックハンド


上記画像は下記のページを参考にした。他にもサーブやドライブ、ロブなどのスイングも紹介されている。
http://bit.ly/e9294l


以上


当サイトが「いいね!」と思った方はこのバナーをクリックしてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Link 関連記事を読む

◇ バドミントン講習動画の前半目次

◇ 専家把脉 バックハンドの打ち方、フォアハンドクリアのステップ

« 【専家把脉28】発展途上の子供たちに教えたい正しいバドミントンの打球概念 | トップページ | 【動画】バドミントンスーパーシリーズファイナル2010 男子シングルス決勝 リー・チョンウェイVSピーター・ゲード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434765/38309769

この記事へのトラックバック一覧です: 内旋回と外旋回のおさらい:

« 【専家把脉28】発展途上の子供たちに教えたい正しいバドミントンの打球概念 | トップページ | 【動画】バドミントンスーパーシリーズファイナル2010 男子シングルス決勝 リー・チョンウェイVSピーター・ゲード »

[PR]

Twitter ID YuQiuTaro

  • オリジナル

PR2

  • -

バナー

  • バドミントンブログランキング参加中。一日一回ポチッと!!
    にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
無料ブログはココログ