« 【専家把脉25】ダブルスで重要な3つの意識 ドライブ/サーブ/攻守の転換 | トップページ | 教科書には載らないトッププレーヤー達のプレー ~ 普段の練習から身につけたい“野蛮”さ »

バックハンドの正しい運用






Fan03


バックハンドはスポーツの中でもっとも奇妙な部類に入る打球法であろう。なぜなら打球方向に背を向けて打つためだ。体よりバックライン側に進む球は、フォアでは体の構造上不可能だが、バックハンドなら手の甲を思いっきり立てることで返球が可能だ。フォアとバックの打球原理の違いを知らない人からみれば、「なぜその球が返せるの?」と奇妙がられる。それゆえバックハンドを打てる人は、打てない人にとって尊敬の対象とすらなる。


中でもインドネシア選手タウフィック・ヒダヤットのバックハンド技術は芸術的で、当サイトでもたびたび紹介している。そしてもう一人バックハンドを巧に操る選手が中国の陳宏だ。今日は陳宏のバックハンド運用法を通じて、バックハンドのバリエーションを分析する。


Lin Dan Vs Chen Hong AE 2005 MS Final (6/8)


Fan01
高く浮いた返球を前に落とすのではなく、クロスに落す方法。面の使い方が非常に繊細で見ていて気持ちがいい。オープンスペースに的確に落す意識が次のチャンスに結びつく。


Fan02
高い打点で捕らえることでドリブン気味に返す方法。ジャンプしながらのバックハンドは右足を踏み込む反動力を得られないので、手首の外旋回によるスイングのみがシャトルの推進力となる。


Fan03
スライス気味のドロップ(ストレート)。中央付近からの打球でもしっかりサイドライン際を狙えることで、相手のチャンスにはなりにくい


Fan04
バックハンドクロスドロップ。面をコントロールすることでストレートかクロスかを使い分ける。手首の柔軟さとグリップの持ち替え(もしくはスイング時に手の中で転がす)がポイント。


Fan06
陳宏の妙技


Fan05
プッシュが決まらず、カウンターをつかれたときの繋ぎバックハンド。要求は2つ。奥まで高く。


Fan07
バックハンドプッシュ。打球寸前までどこに打つかを読ませないフェイク技。


Zhadongzuo
ついでにおまけ。リンダンのレシーブフェイク。


以上。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Link 関連記事を読む

◇ 内旋回と外旋回のおさらい

◇ 【ケースNo1】 陳宏(中国, 身長1.82cm, 72kg) のフットワーク

◇ 専家把脉動画の解剖 その2 (バックステップフォア/バックハンドの打ち方とステップ)

« 【専家把脉25】ダブルスで重要な3つの意識 ドライブ/サーブ/攻守の転換 | トップページ | 教科書には載らないトッププレーヤー達のプレー ~ 普段の練習から身につけたい“野蛮”さ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434765/40199706

この記事へのトラックバック一覧です: バックハンドの正しい運用:

« 【専家把脉25】ダブルスで重要な3つの意識 ドライブ/サーブ/攻守の転換 | トップページ | 教科書には載らないトッププレーヤー達のプレー ~ 普段の練習から身につけたい“野蛮”さ »

[PR]

Twitter ID YuQiuTaro

  • オリジナル

PR2

  • -

バナー

  • バドミントンブログランキング参加中。一日一回ポチッと!!
    にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
無料ブログはココログ