« 教科書には載らないトッププレーヤー達のプレー ~ 普段の練習から身につけたい“野蛮”さ | トップページ | バドミントン中国オープン男子シングルス決勝は王者リンダンVS小リンダン »

【動画】 バドミントン世界選手権2011 男子シングルス決勝 リンダンVSリーチョンウェイ






Lindan


バドミントン世界選手権2011が昨日幕を下ろした。大会最後のとりをかざったのは世界ランク1位リーチョンウェイと2位リンダンが対決した男子シングルスだ。世界ランキングNo1とNo2が順当に勝ち上がり決勝で顔を合わせる、ランキングだけで見れば当然かもしれないがそれでも、番狂わせを認めない二人の実力の高さが今のバドミントン会にはある。


リー・チョンウェイ(マレーシア)は決勝まで誰相手にも1ゲーム落とさず勝ち進んできた。準決勝では昨年の世界選手権を制した陳金(中国)を相手にまったく危なげない実力差で下している。

一方のリン・ダン(中国)は全英でリーに負けて以降、調子がどうも下降気味だった。今大会ではデンマークのベテラン、ピーター・ゲードと準決勝で対戦し、1ゲーム目を落とす危うい場面もあった。しかし中国バドミントンを一身に背負い負けられないリンダンは、一気に蒔きなおし逆転を収め、決勝に進んだ。


1ゲーム目、リンダンは3連続ミスを犯すもすぐに挽回。しかしリーチョンウェイのフェイントに大きく動かされ試合はリーが支配する形。リンダンも必死で追いすがる。技術と技術が均衡し、いつどちらに傾いてもおかしくない非常に高度な戦いが繰り広げられた。


中盤スコアをやっと振り出しに戻し逆転に成功するリンダン。しかし15-16からリーの5連続ポイントでゲームポイントを得る。すると今度はリンダンが猛追撃、20-20のセッティングに持ち込む。ものすごい精神力。追いつかれたリーも苦しみの表情がにじむ。


しかし追いつかれた後再度奮起し2点連取し成功し1ゲーム目をリーが獲得した。普通であれば一度追いついた後に引き離されると深い絶望感がある。しかしリンダンの顔はそのような色は一切見えない。


「このゲームはリーが点数を上回っただけだ」 といわんばかり。


2ゲーム目、リンダンが反撃に出る。リーも離されまいとすがりつくが後半大きく点差が開き最後は21-14でファイナルゲームを迎える。


両者もてる全ての技術を繰り出し、スマッシュの威力もまったく衰えず277km/hを記録する場面もあった。スマッシュはサイドライン上に落ちない限り二人はいつまでもラリーを続けあった。


後半16-16、19-19と両者一切譲らない。リンダンはここで痛恨のネットミスをし、先にメダルに王手をかけたのはリーだった。20-19、リーは渾身のストレートスマッシュを放つがリンダンが絶妙なラケットさばきでクロスにショートレシーブ。リーがあげたロブを待ち構えていたように飛びつき、スマッシュを決める。20-20。世界トップを決める決勝にふさわしいスコア。


2回目のセッティング。リンダンはここで再度ラインオーバーのミス。21-20、リー2回目の王手。しかしリーの心に何かがよぎり始めている。追いすがるリンダン21-21、この日3回目のセッティング。リーのコーチにも涙が浮かぶシーン。なんとしても勝たしてあげたい! 王者に向ける視線ではなかった。


最後はあっけない幕切れがあった。世界ランクNo1のリー・チョンウェイ、ここ数年出る試合で勝ちに勝ちまくってきた王者が最後の2打を連続してミスをしてしまう。23-21。ゲームセット


81分に及ぶ長い戦いをリンダンが制し、全英の苦杯をリーに返す。リンダン4回目の世界選手権制覇。


以上です。この世紀に残る戦いの様子は下記のリンクからどうぞ 見なければ損ですヨ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Link 関連記事を読む

◇ CNTV [完整赛事]羽毛球锦标赛 男单决赛 李宗伟-林丹 1

◇ CNTV [完整赛事]羽毛球锦标赛 男单决赛 李宗伟-林丹 2

◇ 決勝写真集

« 教科書には載らないトッププレーヤー達のプレー ~ 普段の練習から身につけたい“野蛮”さ | トップページ | バドミントン中国オープン男子シングルス決勝は王者リンダンVS小リンダン »

コメント

リンク貼らせて下さい、よろしくどうぞ

ヒゲおやじさん

リンク大歓迎です。こちらからも張らせていただきました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434765/41222265

この記事へのトラックバック一覧です: 【動画】 バドミントン世界選手権2011 男子シングルス決勝 リンダンVSリーチョンウェイ:

« 教科書には載らないトッププレーヤー達のプレー ~ 普段の練習から身につけたい“野蛮”さ | トップページ | バドミントン中国オープン男子シングルス決勝は王者リンダンVS小リンダン »

[PR]

Twitter ID YuQiuTaro

  • オリジナル

PR2

  • -

バナー

  • バドミントンブログランキング参加中。一日一回ポチッと!!
    にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
無料ブログはココログ