« 世界チャンピオンが送るバドミントンレッスンCM第1弾(サーブの打ち方/汪鑫)・・・FedEx | トップページ | リー・チョンウェイの自伝『敗者為王』が発売 »

シングルスプレーヤー必須の技術その1 ~ つなぎのカット






今日はシングルスプレーヤーに必須の技術と題して、1つ目 つなぎのカット を紹介する。


バドミントンの試合の試合では万全の体勢で打てるシャトルが飛んでくることは少ない。普段の基礎打ちでは常に高い位置で捕らえる訓練をしていても、試合となれば、そのような絶好球は来ない。試合を組み立てる上でこのつなぎショットは非常に大事で、ぜひフォア・バック両方から繰り出せるようにしておきたい。


Guodu_2


上記の連続画像のとおり、つなぎのカットとはコート奥の隅に打たれたシャトルを肩(もしくは下)の高さで返す打球技術だ。バックステップでシャトルに追いつき、たとえキツイ姿勢でも体をしっかり安定させシャトルをラケットのスイートスポットで切る。 


つなぎのカットの軌道
Guodu


上図の軌道のとおり、打点が低いことから球足は長くなり、相手の脅威とはならない。ただし奥を攻められても、打点を犠牲にする分、時間を稼ぐことで相手に次の返球を読ませない利点がある。あのリンダンもこの技を得意としており(特にレフティのフォアカットはドロップ気味になりやすい) 、試合動画でたびたび見ることができる。


つなぎカットを打つ方向はストレート(相手の左前足元)、クロス(相手の右前足元)がある。どちらも均等に配給できるよう練習したい。


Lindanguodu
裏をかかれたリンダン、クリアを待っていたチェンホンもまた裏をかかれる


Lindanguodu2
多少山なりの軌道でオープンスペースに落とせれば相手のチャンスにはならない


Guodu03


練習メニューとしては、上記の連続写真のようにショートサーブから初め、相手にフォア奥隅へ返球してもらい、つなぎカットを繰り返すのがいいだろう。


ショットの成功率は打点が低い、または体よりバック側に追い込まれた場合、ぐんと下がる。それでも的確につなげるようにしたい。つなぎショットはストレート・クロス、そして時々クリア、平らなスマッシュを交えて、相手に配給を読ませないことは大前提となる。ひとつ覚えにならないよう注意したい。


Guodu02


Chenhongguodu
バックハンドでのつなぎカット


Lindanstep
フォア奥へのステップ 最後の足はかかとから。つま先も奥を向ける。怪我しないよう滑らかなステップを心がけよう



Link 関連記事を読む

◇ Victor台湾公式サイトのレッスン動画

◇ 普段の練習から身につけたい“野蛮”さ

◇ バックステップフォア/バックハンドの打ち方とステップ


« 世界チャンピオンが送るバドミントンレッスンCM第1弾(サーブの打ち方/汪鑫)・・・FedEx | トップページ | リー・チョンウェイの自伝『敗者為王』が発売 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434765/43341139

この記事へのトラックバック一覧です: シングルスプレーヤー必須の技術その1 ~ つなぎのカット:

« 世界チャンピオンが送るバドミントンレッスンCM第1弾(サーブの打ち方/汪鑫)・・・FedEx | トップページ | リー・チョンウェイの自伝『敗者為王』が発売 »

[PR]

Twitter ID YuQiuTaro

  • オリジナル

PR2

  • -

バナー

  • バドミントンブログランキング参加中。一日一回ポチッと!!
    にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
無料ブログはココログ