« 鮑春来(バオチュンライ)国際試合から引退表明。その後はなんと芸能活動! | トップページ | 世界チャンピオンが送るバドミントンレッスンCM第1弾(サーブの打ち方/汪鑫)・・・FedEx »

リーチョンウェイの加速技術






今日紹介するはリーチョンウェイ(Lee chong wei、マレーシア)のスーパープレー。対戦相手の李炫一(Lee Hyun-il、イヒョンイル、韓国)、 2008年北京五輪男子シングルス準決勝から印象的な1シーンを抜き取って紹介する。


Leejiasu


李のストップ球で一瞬動きを封じられたリー、シャトルは短い自由落下を終えつつある。リーの立ち位置から落下点は距離がありすぎるため一歩ステップではわずかに届かない。かといってニ歩とる時間はない。そのときリーは究極の加速ステップを発動させる。


一歩目の左足蹴りで前方向の推進力を得る。そのまま右足を踏み込めば通常の一歩ステップなのだが、右足がつく直前に左足で再度地面を蹴り二段目の加速を得、ラケット先がシャトルを救ったのだ。


ラケットはシャトルと地面のわずかな隙間に入り込むが、テイクバックの余地はない。その時2つ目の奥義が炸裂する。手首をひねる外旋回でシャトルを弾くクロスヘアピンで切り返しに成功。


李もそれに反応しスピンでネットすれすれに沈めようとするが、ネットにかけてしまう痛恨のミス。3セット目の初点はリーが獲得した。


Leejiasu2


ちなみにこの試合の様子はYoutubeで見られる。リーチョンウェイもすごいが、イヒョンイルもきれいなフットワークで勉強になる。皆さんも研究されてはいかがだろうか?

2008 Olympic MS Semi Final (6/7)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Link 関連記事を読む

◇ 陳宏(中国, 身長1.82cm, 72kg) のフットワーク

◇ 【ケースNo2】 リー・チョンウェイ(マレーシア, 身長1.74cm, 64kg) のフットワーク


« 鮑春来(バオチュンライ)国際試合から引退表明。その後はなんと芸能活動! | トップページ | 世界チャンピオンが送るバドミントンレッスンCM第1弾(サーブの打ち方/汪鑫)・・・FedEx »

コメント

この大会はほぼ全試合体育館で生で見ましたが
男子シングルスの中ではこの試合はベストマッチです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434765/40575677

この記事へのトラックバック一覧です: リーチョンウェイの加速技術:

« 鮑春来(バオチュンライ)国際試合から引退表明。その後はなんと芸能活動! | トップページ | 世界チャンピオンが送るバドミントンレッスンCM第1弾(サーブの打ち方/汪鑫)・・・FedEx »

[PR]

Twitter ID YuQiuTaro

  • オリジナル

PR2

  • -

バナー

  • バドミントンブログランキング参加中。一日一回ポチッと!!
    にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
無料ブログはココログ