« 2012年4月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の記事

シングルスプレーヤー必須の技術その2 ~ ワンステップジャンプでの時短移動






シングルスプレーヤーに必須の技術と題して、本日紹介する技術は「ワンステップジャンプでの時短移動」である。

シングルスではあの広大なコートの中を自分ひとりで受け持つ必要がある。しかしトッププレーヤーの試合動画を見ると、広かったコートが猫の額ほど狭く感じられることはないだろうか? 上級者たちはどのような魔法を使って受動的なスポーツを能動的にプレーしているのか、その一部を見ていこう。


Yibutiao1

まずは一枚目。手前選手(タウフィック・ヒダヤット)のフォア奥へのワンステップジャンプ、そこからのジャブ的なロングスマッシュ。わかっていただけただろうか?
ホームポジションからの初動ステップ(前にある右足を後ろに踏みかえ)からの一足飛び。これが今回紹介したい時短ステップだ。

通常のクロスステップで落下地点に向かうステップとの違いは、打球にいち早く触れる=打点が高いことだ。さらにクロスステップで上記落下地点につくには、2,3ステップを要する。それを1ステップに置き換えることは絶大な時短効果となり、相手へのプレッシャーにつながるわけだ。もし仮に同じ打球に対してクロスステップをつかった場合、サイドハンドストロークとなるだろう。これでは強打もできないし、相手はまっすぐ当て返すだけでいい。


Yibutiao5miss

上記はフォア奥へのツーステップ。落下地点へのスピード感や打点の高さの違いに着目してみるといい。若干の迷いも重なったためか、クロスドロップの長足が足りずネットにかけてしまったシーン。


このワンステップジャンプにはもうひとつ大きな利点がある。通常のクロスステップに比べ、ホームポジションへの戻り、さらにはネットへの詰めが容易なのだ。それはジャンプ後の着地の足を見ればわかる。それが下記の画像。

Chakuchi

着地後の足は、ジャンプしたときのまま左足が前、右足が後ろとなっている。さらに体重は両足にうまく分散されており、両足のばねを使って前方への推進力とすることが可能なのだ。
これは以前、別の記事で紹介したフォア奥へのステップ(左右の足組み換え着地)よりも強力である。

Chakuchi


Yibutiao2

続いてこちらの画像は、ワンステップジャンプからのクロスドロップ。打点が高い分、ネット際に沈む理想的なクロスドロップとなる。クロスステップでは打点が下がりすぎて長足がながく、ラインを割ってしまう可能性が高い。


Yibutiao3

上記画像は、ツーステップへの発展形だ。これは移動距離をワンステップより長くする、つまりスマッシュ打点への早い回り込みを可能にするステップだ。ジャンピングスマッシュが打てない(=打つ機会を作れない)方もぜひ身に着けたい。


Yibutiao4

こちらはリンダン(奥側選手)の決めにいくジャンピングスマッシュだ。タウフィックのロブを予想し、あらかじめ初動準備していた場面。ロブと同時にリンダンが初動に入っているのがわかるだろうか? これは先読みも必要のため、ある程度実戦経験が必要だ。リンダンはこの技でアドバンテージを稼げる数少ない選手の一人だろう。


Yibutiao6

こちらはタウフィックのジャンピングスマッシュ。相手のバック奥を深くつき、自分のフォア奥にクリアを誘い込んだシーンだ。(リンダンは相手選手の利き腕に関係なく、よくクロスクリアを多用する。)


Yibutiao7yiwaixing

こちらはワンステップジャンプからのクリア。特筆すべきは意外性だ。手前タウフィックのクリアはリンダンのいる中央にむけたものだった。あまり見られない返球に、リンダンも余分な数ステップを踏んでクリアを返した。


Yibutiao8

これもツーステップジャンプからのスマッシュ。クロスネットで右深く返した球はそのまま直線に返ってくる可能性が高い。それを読んだリンダンの構えは最初から右足を後ろにしている。


以上、いかがでしたか?
このワンステップジャンプはリズムをつかめば初心者でもステップを踏むことができる。そこからクリアでも、ドロップ、スマッシュを各コースで運用できるよう練習すれば上達は間違いないだろう。ぜひお試しあれ。



ブログランキング・にほんブログ村へ


Link 関連記事を読む


◇ 今回連続写真切り出しに使用したプレー動画

◇ バドミントン講習動画の前半目次

バドミントン界の四天王の一人、ピーターゲード引退






Peter

リン・ダン(中国)、リー・チョンウェイ(マレーシア)、タウフィック・ヒダヤット(インドネシア)、ピーター・ゲード(デンマーク)の4人が上位4席を独占する”四天王”時代とも言える近年のバドミントン界。ひとつの時代を築いてきた四天王だが、昨年12月28日、ピーター・ゲードの引退によりひとつの時代が終わった。


ゲードはロンドンオリンピックを最後に引退を表明していたが、その後年末の地元開催のコペンハーゲンマスターズを引退の場と決めた。引退セレモニーでは長年のライバルであり友人でもあるリン・ダン(中国)も駆けつける引退試合となり、2-1でリン・ダンを破り20年に及ぶ選手生活に有終の美を飾った。


ゲードは36歳、20年世界の舞台で活躍し続けた選手生命の長かった選手である。世界ランキングでは常に上位に位置し、欧州カップ、全英オープン優勝、62週連続世界ランク1位、トーマスカップ9回連続出場の記録を持っている。華々しい栄光の一方で、オリンピックタイトルをとりたいというの執着心で2011年妻と離婚、愛娘との別れを選んだ私生活の影もあった。結局ロンドンオリンピックでは準々決勝で若きチェン・ロン(中国)に敗退した。


21歳で世界ランク1位となったゲードは、当時若きリンダン、ヒダヤットにとって憧れの的だった。彼らだけでなく世界中のファンを魅了するプレーで深く印象を残してくれたピーターゲードはまさしくひとつの伝説であると言える。


引退試合の動画と、ファンが作ったピーターゲードのMV風をのせておきます。ぜひご覧ください。


The last match of Peter Gade (VS Lin Dan) 2012 Copenhagen Masters


Peter Gade - the Legend


Peter Gade - The last goodbye



ブログランキング・にほんブログ村へ


Link 関連記事を読む


◇ グッドバイ ミスターバックハンド タウフィック・ヒダヤット引退

◇ 強いヒダヤットが帰ってきた 全英オープン2012 リンダン戦の動画

◇ バドミントン講習動画の前半目次

[PR]

Twitter ID YuQiuTaro

  • オリジナル

PR2

  • -

バナー

  • バドミントンブログランキング参加中。一日一回ポチッと!!
    にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
無料ブログはココログ