« バドミントン界に衝撃! リー・チョンウェイにドーピング疑惑 リオ五輪絶望か | トップページ

リー・チョンウェイ:「15年の血のにじむ努力はすべて一瞬にして水の泡になったのだと感じた」1m67xp

Dopeli



前回記事(リー・チョンウェイにドーピング疑惑 リオ五輪絶望か)の続報。ドーピング疑惑が世界中のバドミントンファンに衝撃を与えてから早2週間が過ぎ、9日ようやく本人からの声が海外ニュースサイトで公開されている。(ソースは網易新聞中心


「ドーピング検査により尿検査のAサンプルが陽性であると聞いた瞬間、足ががくがく震え、どれくらい座っていただろう立ち上がることができなかった。聞いた瞬間、私のバドミントン選手としての過去が走馬灯のように頭を巡り、そして15年の血のにじむ努力はすべて一瞬にして水の泡になったのだと感じた。どうすればいいのかまったくわからなかった。


私は選手生命に誓って、いかなる人も騙してはいないし、騙そうとする意志もない。まるで雷に打たれたようだ。その雷によって私の一切をぶち壊された。そして残ったのは無言の私だけだ。


妻の提案でこの問題を解決できる専門家に後を任せ、海外で短い休暇を過ごしていた。私がマレーシアから姿を消していた間、スポーツ部長から慰めや(おそらく早く戻ってきてほしいという)勧告を多くいただいた。


みんなも知っている通り私は今年7月に小さな手術をうけた。あの薬(デキサメタゾン)は7月18日に注射を受け体内に入ったものだ。それが8月になっても私の体内に残留した。わからないのは大会前の8月15日に受けた事前チェックでは何の問題もなかったことだ。それがなぜか8月30日に採取したサンプルで陽性となった。これはまったく奇怪なことだ。



この2週間、私が声明を発表しなかったのは、決して隠れていたわけでなく、Bサンプルの結果が出るのを待つことにしたからだ。みんなには何とか私の立場と境遇を理解していただけたらと思っている。ノルウェイ、オスロに向かいBサンプルを開封し化学検査手続きをこの目で見てからだと決めていたのだ。当然私もAサンプルとBサンプルで結果が異なる可能性は非常に小さいことは認識していた。しかしすべては手続きに従ったやり方なのだ。目下のところ関係機関が私が使用した薬物と治療の記録を調べている。そしてなぜ私の体内で1か月過ぎても薬物が残ったのかを明らかにしようとしている。


私はこれまでも人を騙すことなんてできなかった。そして禁止薬物に頼ってバドミントンをしようとは思っていない。現段階ではただ家に籠っていて、いまだにコートには戻れていない。解決できない問題が多すぎて、今はただ私にかけられた汚名が晴れてほしいと祈ることしかできない。」


Bサンプルの陽性確定により、これからBWF(世界バドミントン連盟)による聴聞会を経て定められたルールに従い厳格に処罰が決定されることとなる。


続報があり次第、また情報を発信していきたい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Link 関連記事を読む

◆ バドミントン界に衝撃! リー・チョンウェイにドーピング疑惑 リオ五輪絶望か

◆ 無冠の王 リー・チョンウェイ、8度目の世界選手権も決勝で敗退【動画】

« バドミントン界に衝撃! リー・チョンウェイにドーピング疑惑 リオ五輪絶望か | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434765/57938502

この記事へのトラックバック一覧です: リー・チョンウェイ:「15年の血のにじむ努力はすべて一瞬にして水の泡になったのだと感じた」1m67xp:

« バドミントン界に衝撃! リー・チョンウェイにドーピング疑惑 リオ五輪絶望か | トップページ

[PR]

Twitter ID YuQiuTaro

  • オリジナル

PR2

  • -

バナー

  • バドミントンブログランキング参加中。一日一回ポチッと!!
    にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
無料ブログはココログ