リンダン

バドミントン全英オープン2013男子シングルスのシード選手紹介






425750_10151394515265290_70197528_2


今年もバドミントン全英オープン(Yonex All England Open Badminton Championships)開催が近づいてきた。日程は3/15〜3/10。(放映予定は下記リンクから)


男子シングルスのシード選手を紹介していこう。


第1シードは、昨年大会準優勝のリー・チョンウェイ(マレーシア)。

01li_2

過去2回、2010年と2011年連覇したリー選手。今期韓国オープンに続いて、自国マレーシアオープンも優勝と安定の仕上がりで全英に挑む。しかも昨年結婚したリー選手は、今月23日に夫人の第1子妊娠を発表したばかり。世界最強のパパになるべくなんとしても全英チャンピオンに返り咲きたい。


第2シードは、チェン・ロン(中国)。

02chenlong_2

昨年から頭角を現してきた選手。世界ランクも2位、昨年チャイナマスター、香港オープン、スーパーシリーズファイナルを制した若きエース。


第3シードはドゥ・ポンイ(杜鵬宇、Du Pengyu、中国)選手。

03du_2

ほかの中国選手の影にかくれがちの目立たない選手だが、各大会で常に上位に入りこむ実力の高い選手。2011年、2012年上り調子が続いており、今年は跳躍の年としたいところ。


第4シードはソニー・ドイ・クンコロ(Soni Dwi-Kuncoro、インドネシア)。

04suoni_2

インドネシアの名将でとても息の長い選手。しかし近年の目立った活躍はない。ここでベテランの意地をだせるか。個人的に好きな選手。


第5シードは、陳金(チェン・ジン、中国)。2008年大会で優勝。中国バドミントンのアニキ的存在(勝手な思い込み?)。昨年ロンドン五輪では滑り込み出場を果たすなど、ここぞという時に実力を発揮する。今年はチャンピオンに返り咲きたい。


第6シードは、フー・ユン(HU Yun、香港)。香港のエース。詳細不明


第7シードは、日本のエース 田児賢一(日本)。2010年大会は準決勝で天才バオ・チュンライをファイナルの末に破り、決勝進出。対戦相手リーチョンウェイにあと一歩のところで破れ優勝を逃した。全日本総合選手権のチャンピオンとして、再び全英に挑む。がんばれ!


第8シードは、グエン・ティエンミン(Nguyen Tien Minh、ベトナム)。ベトナムの英雄。詳細は不明。


ざっくりとシード選手8名の紹介をしたがあの選手の名が挙がらなかったことに気付いただろうか? そう昨年チャンピオンのリン・ダン(中国)の不在だ。ロンドン五輪後、ほとんどの大会を欠場していたが、全英も出場を辞退している。これに関しては中国内でも話題となった。理由は五輪防衛後の調整に時間がかかったとしているが、詳細は不明。


そしてもう一人、インドネシアの天才、タウフィック・ヒダヤットも詳細は不明だがエントリーリストに見当たらない。そのヒダヤットは今年1月18日、今年6月に完全引退を宣言している。(出ないの?? 残念)


昨年のオリンピック無気力試合に続き、賞金額増額にかかわらず韓国オープンの主要メンバー欠場、そして将来のオリンピック種目の依然とした除外の危機、四天王の引退など、間違いなくバドミントン界の歴史の転換期である現在。負のニュースでメジャーになるのではなく、正のニュースで世界を圧倒することを切に願う今日この頃。


100年の歴史を持つ全英オープン大会開催は3/10~3/15。乞うご期待。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Link 関連記事を読む

◇ バドミントン全英オープン2013 男子シングルス 若きエース諶龍がリーチョンウェイを下し優勝

◇ バドミントン界の四天王の一人、ピーターゲード引退

強いヒダヤットが帰ってきた 全英オープン2012 リンダン戦の動画






Taufik_lindan


歴史あるバドミントン試合である全英オープンが開催中である。途中の様子は当サイトのTwitterでも伝えているので、そちらもご覧ください。


さて、今日は深夜時間に行われたリンダンVSターフィック・ヒダヤットの試合動画を紹介。
久々の強いヒダヤットが帰ってきて、非常にうれしいです。ぜひ見てみてください。


ロンドン五輪にあわせて、ヒダヤットがピーキングしているのでしょうか。1ゲーム目は王者リンダンから力でリードを奪う場面もあり、1ファンとして非常にうれしい限りです。北京五輪王者とアテネ五輪の王者同士が激突する様子を堪能ください。

動画は下記からどうぞ


Link 関連記事を読む


◇ グッドバイ ミスターバックハンド タウフィック・ヒダヤット引退

◇ タウフィック・ヒダヤットのスマッシュを捉えた連続画像

◇ 林丹(リンダン)の十八番 ノーテイクバックスマッシュ点殺を捉えた連続写真

バドミントン中国オープン男子シングルス決勝は王者リンダンVS小リンダン






Lianggeren


2011年バドミントンスーパーシリーズ、チャイナオープンが27日幕を下ろした。男子シングルス決勝は中国対決、長年中国バドミントン界を背負ってきた林丹(リン・ダン)と、ルーキー諶龍(チェン・ロン)の対戦となった。


チェン・ロンといえば、今月のバドミントンマガジンでも彼の活躍ぶりを紹介する記事が大きく取り上げられており、今一番のホットな選手だ。スーパーシリーズ9月以降の試合では3回決勝に進出し、チャイナマスターズでは先輩 陳金(チェン・ジン)を、ジャパンオープン、デンマークオープンでは世界ランク1位の李宗偉(リー・チョンウェイ)を2度も決勝の舞台で退けて優勝を飾っている。



Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2011年 12月号...

ジャパンオープンでチェンロンはリンダンの棄権により、勝ちを譲られる形で決勝に進み、リー戦に手負いなく挑んだ。自分の優勝がリンダンの親心とも思われる棄権(実際どうだったかは不明だが)から獲得したものだったなら、チェンロンのリンダンに対する思いは、このチャイナオープンの試合からわかるだろう。


以下試合の様子。(試合の動画はページ下リンク集からどうぞ)


1ゲーム目、試合開始後チェンが2点先制する。190cm近くの長身チェンロンの高い打点から繰り出される点殺、そして不意を付く軽殺(どちらもスマッシュのアレンジ リンダンの十八番)にリンダンはいつものスロースタートを切らせてもらえない。チェンロンに付き合う形でゲームを進め、3-3以降一度もチェンにリードを渡すことなく21-17で1ゲームを取る。ただいつもと様子が違う二人、なんでもない返球のミスが相次ぐ。「消極的」と解説者が釘を刺す。


2ゲーム目、8-8まで均衡を保つも、どうも攻めあぐねるチェンロン。2つのクリアがラインを超え、せっかくの攻撃チャンスでドロップに切り替えリンダンに拾われる。同様にリンダンも精細を欠くプレーが目立つ。なんでもないクロスドロップを何度か見逃す。観客もなぜか「中国加油(がんばれ)」と声をあげる(当然コートの二人はともに中国人)。


中盤リンダンが一気に攻勢をかける。チェンロンのミスもあり一気に19-14。しかしチェンロンも吹っ切れたのか絶妙なコントロールを連発し、巻き返す。20-18、リンダンが1度目のゴールドメダルポイントをとる。しかしあと1点が遠く焦りの色が顔をよぎる。20-20チェンロンセッティングに持ち込むことに成功する。


両者このゲーム中一番の集中を発揮する。高いレベルの選手同士では無理な攻撃は一転カウンターとなって返ってくる。丁寧に4隅を狙いつなぎ、チャンスを狙う両者。


21(林)-20(諶)

21-21

22-21

リンダン、要求の高いネットをミス

22-22

23-22

クロススマッシュであまく返ったレシーブをたたきつけるチェンロン

23-23

24-23

リーを髣髴とさせる防御力でリンダンを焦らすチェンロン。リンダンの放った渾身のスマッシュはダブルスのラインもオーバー。

24-24

チェンロンここに来て痛恨のクリアオーバー

25-24

何度目のゴールドメダルポイントだったか、最後まで粘るチェンロンだが最後はリンダンのスマッシュでゲームセット。


以上。 

今回もリンダンに後一歩というところで、敗退を帰したチェンロンだが、来年のロンドン五輪での活躍に期待したい。加油小林丹!!


Link 関連記事を読む

◇ チャイオープン男子シングルス決勝の動画

◇ 【動画】 バドミントン世界選手権2011 男子シングルス決勝 リンダンVSリーチョンウェイ

◇ 世界バドミントンスーパーシリーズ・チャイナオープン男子シングルス決勝はチェンロンが鮑春来を大逆転で降し初の栄冠


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【動画】 バドミントン世界選手権2011 男子シングルス決勝 リンダンVSリーチョンウェイ






Lindan


バドミントン世界選手権2011が昨日幕を下ろした。大会最後のとりをかざったのは世界ランク1位リーチョンウェイと2位リンダンが対決した男子シングルスだ。世界ランキングNo1とNo2が順当に勝ち上がり決勝で顔を合わせる、ランキングだけで見れば当然かもしれないがそれでも、番狂わせを認めない二人の実力の高さが今のバドミントン会にはある。


リー・チョンウェイ(マレーシア)は決勝まで誰相手にも1ゲーム落とさず勝ち進んできた。準決勝では昨年の世界選手権を制した陳金(中国)を相手にまったく危なげない実力差で下している。

一方のリン・ダン(中国)は全英でリーに負けて以降、調子がどうも下降気味だった。今大会ではデンマークのベテラン、ピーター・ゲードと準決勝で対戦し、1ゲーム目を落とす危うい場面もあった。しかし中国バドミントンを一身に背負い負けられないリンダンは、一気に蒔きなおし逆転を収め、決勝に進んだ。


1ゲーム目、リンダンは3連続ミスを犯すもすぐに挽回。しかしリーチョンウェイのフェイントに大きく動かされ試合はリーが支配する形。リンダンも必死で追いすがる。技術と技術が均衡し、いつどちらに傾いてもおかしくない非常に高度な戦いが繰り広げられた。


中盤スコアをやっと振り出しに戻し逆転に成功するリンダン。しかし15-16からリーの5連続ポイントでゲームポイントを得る。すると今度はリンダンが猛追撃、20-20のセッティングに持ち込む。ものすごい精神力。追いつかれたリーも苦しみの表情がにじむ。


しかし追いつかれた後再度奮起し2点連取し成功し1ゲーム目をリーが獲得した。普通であれば一度追いついた後に引き離されると深い絶望感がある。しかしリンダンの顔はそのような色は一切見えない。


「このゲームはリーが点数を上回っただけだ」 といわんばかり。


2ゲーム目、リンダンが反撃に出る。リーも離されまいとすがりつくが後半大きく点差が開き最後は21-14でファイナルゲームを迎える。


両者もてる全ての技術を繰り出し、スマッシュの威力もまったく衰えず277km/hを記録する場面もあった。スマッシュはサイドライン上に落ちない限り二人はいつまでもラリーを続けあった。


後半16-16、19-19と両者一切譲らない。リンダンはここで痛恨のネットミスをし、先にメダルに王手をかけたのはリーだった。20-19、リーは渾身のストレートスマッシュを放つがリンダンが絶妙なラケットさばきでクロスにショートレシーブ。リーがあげたロブを待ち構えていたように飛びつき、スマッシュを決める。20-20。世界トップを決める決勝にふさわしいスコア。


2回目のセッティング。リンダンはここで再度ラインオーバーのミス。21-20、リー2回目の王手。しかしリーの心に何かがよぎり始めている。追いすがるリンダン21-21、この日3回目のセッティング。リーのコーチにも涙が浮かぶシーン。なんとしても勝たしてあげたい! 王者に向ける視線ではなかった。


最後はあっけない幕切れがあった。世界ランクNo1のリー・チョンウェイ、ここ数年出る試合で勝ちに勝ちまくってきた王者が最後の2打を連続してミスをしてしまう。23-21。ゲームセット


81分に及ぶ長い戦いをリンダンが制し、全英の苦杯をリーに返す。リンダン4回目の世界選手権制覇。


以上です。この世紀に残る戦いの様子は下記のリンクからどうぞ 見なければ損ですヨ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Link 関連記事を読む

◇ CNTV [完整赛事]羽毛球锦标赛 男单决赛 李宗伟-林丹 1

◇ CNTV [完整赛事]羽毛球锦标赛 男单决赛 李宗伟-林丹 2

◇ 決勝写真集

【グリップ再考】リンダン、タウフィック、リーチョンウェイたちプロの握り方を見る






Zhao_jie


impact 「バドミントンラケットの握り方・握り替えの必要性について」 はこちら


何気なくテレビを見ていた「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ」で、面白い実験をやっていた。それはボールペンを手のひらで握る方法を4パタンにわけ、どの握りのときに体幹パワーがみなぎるかというもの。自分に適した握りを把握することでパワー出力に違いがでることに驚いた。


嘘か真かは定かではないものの、自分に適したグリップを把握することはグリップする競技(野球、自転車、卓球、ゴルフそしてバドミントン・・・)をプレーする上で重要なことは言うまでもない。所さんテレビの4パタンは調べてみると「パワーライン」という概念があるようだ。パワーラインに関しては下記の2ページを紹介しておくとし、今日はバドミントンの重要なテーマ、グリップについて考えていきたい。


まずはいつものとおりプロのグリップを拝見。なるべく親指、人差し指、小指の三支点が明確な写真をチョイスした。


Lee_clear
リーチョンウェイ打球の瞬間。おそらくフォア奥で体より後ろ目で打つことを強いられた場面。バックラインからのクリアなので、かなりの握力で握っていることが手首の筋からわかる。親指第一関節と人差し指第二関節の側面をグリップに密着させており、この部分の皮は相当厚いはずだ。


Lee_jie
リーのレシーブ時のかまえ。同じく人差し指第二関節側面、親指さらに左手を添えてラケットを安定させ相手のサーブを待ち構える。当然最下の支点である小指もしっかり握っているはずだ。


Lin_fan
FedExユニホームのリンダン。バックハンド(おそらくレシーブ)。特徴的人差し指の伸ばし方。おそらく一時的なもの。あまり参考にできないが載せておく。


Lin_jie
最近のリンダンのバックハンド(プッシュかレシーブ)。人差し指の離れは穏やかに。親指のサムアップをしている様子はこの角度から見えないが、しっかり行っているはず。


Lin_sha
リンダンのスマッシュテイクバック。親指第一関節は側面で固定し、人差し指からかかる力を受けとめる。テイクバック時はほどよい力加減で、打球瞬間一気に力をこめる。


Lin_zheng
リンダンのスマッシュテイクバック。上と大体同じだが、グリップが太いためか中指薬指がグリップに対して直角ぎみ。


Ta_fan
タウフィック・ヒダヤットのサイドバックハンド。握りを再現してみるとわかるとおり、テイクバック時は面は寝ているはず。人差し指第二関節あたりでホールドし、面を寝かせ、打球時に回外させる。その際、ラケットがぶれないよう親指でサムアップ。
なおサムアップは持論だが、親指第一関節側面と予想。


Ta_fan2
ヒダヤットのバックハンドクロス。ストレートなら手の甲は腕に対してまっすぐ。写真は腕に対し手の甲が直角なのでクロスと予想。握り替えはしていないはず。サムアップが見れないのは残念。


Ta_jie
ヒダヤットのサービスレシーブの構え。リーと同様人差し指第2関節でしっかり支えラケットをぶれさせない。その気持ちは左手で軽くシャフト先を支えるものと同様。


Zhao_jie
趙剣華のサービスレシーブ構え。タオルグリップでかなり太く見える。相手サービス待ち中、剣先をぶれさせないようじっと見守る構え。


最後に・・・

Santenkakuho_2
私の拙い手、赤い四角の箇所で三点確保しており皮が厚くなっている。小指と薬指付け根にはタコがある。一度プロの手を拝見してみたい。あなたの手のたこはどこにあるだろうか?


さて今日はグリップを特集した。握り替えを意識する前に、今一度ラケットの握り方という初心に戻り、まずは同じ握り方でスマッシュやクリア・ハイバック時の力強い握りができるか、ネット際で滑らかに面を操れるか、ドロップで力を抜けるか、カット・リバースカットで面を切れるか、バックハンドクロスの面を作れるかを再確認をすすめる。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Link 関連記事を読む

◇ バドミントン講習動画の前半目次

◇ バドミントンラケットの握り方・握り替えの必要性について

◇ パワーラインという考え方

◇ 手から体幹へのパワーライン

リン・ダンとリー・チョンウェイのスマッシュ連続写真/点殺の打ち方






Lindansmash


今回紹介するバドミントンスーパープレーはリン・ダン(中国)とリー・チョンウェイ(マレーシア)のジャンピングスマッシュ。

決めに持っていくまでの流れが両者の特徴がよくわかる。

まずはリンダン

Lindansmash2

以前も紹介した リンダンの十八番“点殺”。まず一発目の点殺は誘い。点殺自体の威力はたいしたことがないものの、通常スマッシュより技の発動が早いため相手に構える時間を与えず、さらに軽いスマッシュは減速が早くかなり手前に落ちる。

かろうじてレシーブしたリーだがバランスを崩す。返ってきた球を待ち構えていたリンダンはすかさず再度ジャンプし、二発目の点殺で空きスペースを仕留める。


つづいてリー・チョンウェイ。

Leesmash2

リーのうまさはなんと言っても防御、そして防御からチャンスにもっていける引き出しの多さである。上の動画では、リンダンが落としたネット前の球、なんとクロスヘアピンで返す。右寄りにポジションしていたリンダンは不意をつかれロブを打つ。ただちにホームポジションに戻りスマッシュを受けるリンダンだが、ワンテンポ遅れをとり、リーの放ったスマッシュを返すことはできなかった。


Leesmash


以上2つのスマッシュプレーを紹介した。


リンダンの点殺はテイクバックをとらずに手首だけでスマッシュを打てるのはなぜか? 


これは打球の瞬間に手首を「鞭を打つ」要領で高速に外旋運動させているためだ。その証拠は二発目の点殺のラケット面をよく見るとわかる。打球直前はラケット面が縦になっているが、打球時には瞬間的に打つ方向に向いている。さらに通常のテイクバックを取るスマッシュでは打球後振りぬくが、リンダンのラケットは鞭を打った反動でまた上に跳ね返っている。


この技は、相手のクリアやロブがバックラインまで届かず、手を伸ばせば届くような返球に対して効果的な攻撃技だ。アマチュアの試合では大半の選手がバックラインまで届く返球ができないので、この技を覚えるとバドミントンがもっと楽しくなるぞ。


以上。


上記連続写真の元ねた動画@Youtube


なおこの試合は2009年の全英オープン決勝男子シングルスです。


Yonex All England 2009 - MS FINAL Lin Dan CHN Vs Lee Chong Game-1


Yonex All England 2009 - MS FINAL Lin Dan CHN Vs Lee Chong Game-2


以上


当サイトが「いいね!」と思った方はこのバナーをクリックしてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Link 関連記事を読む

◇ 林丹(リンダン)の十八番 ノーテイクバックスマッシュ点殺を捉えた連続写真

◇ 専家把脉動画の解剖 (8)(リバースカット/スマッシュの打ち方)

◇ タウフィック・ヒダヤットのスマッシュを捉えた連続画像

林丹(リンダン)の十八番 ノーテイクバックスマッシュ点殺を捉えた連続写真






Diansha


今回紹介するバドミントンスーパープレーはリンダンの十八番 点殺(ノーテイクバックスマッシュ)。

2006年のアジア大会決勝  対戦相手は全盛期のタウフィック・ヒダヤット(インドネシア)。

ヒダヤットの放ったクロススマッシュをうまく返したリンダン。ヒダヤットはヘアピン(もしくは直線ロブ)と見せかけ、フェイントでリンダンの後ろ奥を狙う。しかしその球は高さが不足しリンダンの絶好のチャンス。すかさず後方にワンステップジャンプで伸び上がり、それと同時に手首のばねの反発を利用してスマッシュ。ヒダヤットは不意をつかれを地面にひれ伏す。


その連続写真がこちら

Lindandiansha
リンダンは左利きなので反転させている。練習にどうぞ

Lindandiansha2


なお、この試合動画は下記からご覧になれます。タウフィック全盛時代の貴重な映像。リンダンも必死に喰らいつくが、2セット目先にセットポイントをとるもその後タウフィックに逆転を許す。そのときの苦い経験が現在のリンダンをここまで強くしたのだろうか?


Badminton Asia Games 2006 MS Final Game 1 [1/3]


Badminton Asia Games 2006 MS Final Game 1 [2/3]


Badminton Asia Games 2006 MS Final Game 1 [3/3]


以上。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Link 関連記事を読む

◇ 林丹(リンダン)の地味だけど実はスーパープレー動画 連続バックステップ

◇ 専家把脉動画の解剖 (8)(リバースカット/スマッシュの打ち方)

【動画】広州アジア大会バドミントン男子シングル決勝 リンダンVSリーチョンウェイの世界トップレベル白熱した攻防






昨日お伝えしたとおり、広州アジア大会バドミントン男子シングル決勝はリンダン(中国)VSリーチョンウェイ(マレーシア)の対戦、72分の手に汗握る激戦の末、2-1でリンダンがリーを降し優勝しました。


その試合の模様がYoutubeでさっそくアップロードされていたので紹介します。


[1 / 6]


リンダン、リーチョンウェイは間違いなく世界トップ1,2を争うプレーヤーで、そう簡単に一撃スマッシュでポイントを取りにいけない。クリアの打ち合いやドロップ多用で長期戦に持ち込み、ネットに張り付くクロスや、低く速いプッシュで角を突くなどして、あの手この手と相手を乱しチャンスの探りあいが垣間見れる。今まで見たことのないプレーは必見。


[2 / 6]


[3 / 6]


[4 / 6]


[5 / 6]


[6 / 6]


3セット目リンダンに10点の大差をつけられ、ほぼ勝負を決められてしまったリーチョンウェイ。リーにとっての最後のポイント取得(9-19時)は「今日は負けたが次は勝つ」 という気迫が感じられるスマッシュが印象的。


一方リンダンは大差をつけても一瞬の気を引くことなく、「超級丹」(林丹のニックネーム)を大観衆の前で披露してゲームセット。喜びを全身で表し、顔の表情もいつものクールさはなく、ユニホームを脱ぎ去った後には軍隊で鍛え抜かれた肉体と、バドミントンでぼろぼろに傷ついた体にテーピング。これもまた非常に印象的。


まさに世紀の一戦である。


以上。




ブログラインキング参加中です。あなたのクリックが更新の励みとなります。ありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


Link 関連記事を読む

◇ 広州アジア大会バドミントン男子シングル リンダンがリーチョンウェイを2-1で降し優勝!!

◇ リンダン敬礼! 優勝を決めた写真多数

広州アジア大会バドミントン男子シングル リンダンがリーチョンウェイを2-1で降し優勝!!






Lindanguanjun


中国広州で開催中のアジア大会。そのバドミントン男子シングル決勝、リンダン(中国)VSリーチョンウェイ(マレーシア)というビッグカードの対戦、試合時間は72分3セット目までもつれ込んだ末、2-1でリンダンが地元中国で優勝を果たした。その結果リンダンは団体種目、シングル種目で優勝したことになる。


二人の攻防はすさまじく我慢のラリーとなり、両者の放つシャトルはどれもサイドライン・バックラインぎりぎりと精度の高いものだった。1セット目はリンダンがリードを守り第1セットをとった。その後の第2セットはリーが攻撃を強めリンダンのミスを多く誘った。さらに疲れからラインオーバーの判断ミスも多く、リーが2セット目をとった。


3セット目リンダンは粘り強く相手のスマッシュを拾って、チャンスをつないで、リーの甘い返球をお得意の点殺(手首だけのノーテイクバックスマッシュ)で仕留めるプレーで会場を沸かせた。試合は圧倒的にリンダンが主導権を握りコートチェンジ時には11-1とリーに1点しか渡さなかった。リーも後半攻撃を続けたがリンダンも揺さぶられる中、粘り強いシャトルつなぎでリードを保ち続け21-10、セットポイント2-1でリンダンが優勝を勝ち取った。


決勝の模様の動画は こちらの記事へ


以上。




Link 関連記事を読む

◇ バドミントン関連リンク集(にほんブログ村)

◇ 広州アジア大会2010 バドミントン男子団体決勝動画 リンダンVSパク・ソンファンの一戦

◇ リンダン敬礼! 優勝を決めた写真多数

バドミントンスーパープレー動画 リンダンのトリッキーなショット@広州アジア大会2010






今日紹介する動画は、広州アジア大会バドミントン男子シングルのリンダン(中国)VSタウフィック(インドネシア)の一戦。


リンダンの放った滑板(リバースカット)が甘く浮き、タウフィックに逆をつかれた場面で、リンダンは自然に体をひねりノールックで返球するトリッキーな技を披露。このプレーにトリック王タウフィックも思わず力みスマッシュでラインオーバー。見事です。


その動画は以下から



以上。




ブログラインキング参加中です。あなたのクリックが更新の励みとなります。ありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


Link 関連記事を読む

◇ 林丹(リンダン)の地味だけど実はスーパープレー動画 連続バックステップ

◇ タウフィック・ヒダヤットのスマッシュを捉えた連続画像

[PR]

Twitter ID YuQiuTaro

  • オリジナル

PR2

  • -

バナー

  • バドミントンブログランキング参加中。一日一回ポチッと!!
    にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
無料ブログはココログ